2019/2/9  ビキニ水爆実験65年 高知・増本さん夫婦 国に責任とらせるまで 2019/2/9付しんぶん赤旗
2019/2/8  連帯する人たち ビキニ事件から65年 漁船員に三重の被害 聞間元さんに聞く(下) 2019/2/8付しんぶん赤旗
2019/2/7  連帯する人たち ビキニ事件から65年 漁船員に三重の被害 聞間元さんに聞く(上) 2019/2/7付しんぶん赤旗
2019/2/6  連帯する人たち ビキニ事件から65年 被ばくの苦悩解決へ ビキニ被災検証会・太平洋核被災支援センター事務局長 山下正寿さんに聞く 2019/2/6付しんぶん赤旗
 2019/2/4  ビキニ核被災者救済のための ご支援をお願いします 太平洋核被災支援センター
 2019/2/4  「支援センター」だより 2019・2・3 太平洋核被災支援センター
 2019/2/2  第五福竜丸平和協会学芸員・市田真理さんに聞く「放射能汚染は地球規模」 2019/1/31付しんぶん赤旗
 2019/2/2  「1/22 ビキニ国賠訴訟控訴審」報道 1/23付しんぶん赤旗
 2019/1/4  ビキニ国賠訴訟・高知地裁判決後の展開 山下正寿(太平洋核被災支援センター事務局長)
 2018/12/25  事実を深く知るために/メディアの取り組みを2つ紹介します  事務局
 2018/12/20  支援する会ニュース№ 11 ビキニ核被災国賠訴訟を支援する会
 2018/11/1 高知の国賠訴訟一審判決、多数の元船乗りの 被ばくを認め、政府・国会へ救済検討も促す 長谷川千秋
 
※事実を深く知るために/メディアの取り組みを2つ紹介します

 「第五福竜丸事件」というのは不正確です。1954年、米水爆実験で「死の灰」を浴び被ばくした第五福竜丸と同じビキニ周辺海域には多数のマグロ漁船が操業中で、航行する貨物船等もおり、多くの船乗りたちが被ばくしていたのです。しかし日米政府は結託して真実を隠蔽し救済を放置してきた―それが「ビキニ事件」です。「ビキニ国賠訴訟」はその責任を問うているのです。
 真相解明に努めてきたメディアの仕事に触れてみてください。

 1つは2016年、朝日新聞高知版に同社高知総局員だった西村奈緒美記者(現・東京本社社会部員)が連載した「南洋の雪」。11シリーズ計37回。元船員たちの生きざまを丹念に追いました。取材のいきさつや記者の想いは下記URLでどうぞ。
https://digital.asahi.com/articles/ASKCZ7JTVKCZUTIL05W.html

 主な連載記事は太平洋核被災支援センターホームページの「ニュース・リンク」2017年12月5日付に収容されています。URLは
http://bikini-kakuhisai.jet55.com/news.html

 もう1つは、2014年8月6日に放映されたNHKスペシャル「水爆実験60年目の真実~ヒロシマが迫る‟埋もれた被ばく”~」です。広島の科学者たちによる科学調査や新資料から「なかったとされてきた被ばく」が明らかにされていくドキュメンタリー。放送内容は下記URLでどうぞ。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20140806
 短縮版の動画は太平洋核被災支援センターHPの「ニュース・リンク」の「リンク」コーナーに収められています。58分の全編はNHKオンデマンドでご覧ください。下記URLからどうぞ。
https://www.nhk-ondemand.jp/good
 
 ※詳しい情報は、太平洋核被災支援センターHPへ
       http://bikini-kakuhisai.jet55.com/

トップページへ//ページの上へ